TEL
MENU

五十肩

五十肩は肩の運動量が多いとなりやすい?

40代、50代になって五十肩になる人は多いですが、60代になってパタっと五十肩がなくなったという人もいます。
四十肩や五十肩は、肩を動かしていると発症しやすいものです。しかし年齢を重ねてくると、だんだんと肩の運動量も少なくなってくるので、負担も小さくなるからです。
四十肩や五十肩になることも少ないと言われています。

デスクワークなどが多いと、肩への負担が大きく、五十肩も発症しやすくなってしまうでしょう。
ちなみに五十肩は、男性よりも女性の方が多いことからも、事務職などされている女性の方は、特に気を付けなければなりません。

今、仕事がら五十肩でお悩みの人も、ぜひ阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院までご来院ください。

四十肩と五十肩の違いが知りたい

40代の人は四十肩、50代の人は五十肩という認識を持っている人が多いでしょう。
しかしそれは正しくはありません。四十肩と五十肩には、違いはないのです。
これら2つは「肩関節周囲炎」という、肩の炎症を意味する同じ症状が原因です。

極端に言えば、20代でも四十肩や五十肩になる可能性はあるでしょう。
もともとは「肩関節周囲炎」になる人は50代が多かったため、「五十肩」と呼ばれていました。

しかしだんだん、40代でも同じ症状にかかる人が増えてきたため、最近では「四十肩」という言葉も広まってきています。五十肩のご相談についても受け付けているので、阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院まで、お気軽にご相談ください。