TEL
MENU

打撲

打撲って何?

まずは打撲について知ってみましょう。打撲とは、「打ち身」とも呼ばれているものです。
打撲は、転んであざができることなどを言っています。初期には内出血による患部の腫れ、発熱を起こしてしまい、熱が引いた後でも患部に負担がかかると、ひどい痛みを伴ってしまうことがあります。程度や体質にもよりますが、軽傷の場合は、1週間ほどで自然に治癒することが多いと言われています。

打撲になってしまう原因とは?

身体に外部から強い衝撃が加わることで、打撲は起こりやすいです。
傷口がない身体の皮下組織や、筋肉に生じる損傷のうち、傷口がないのが打撲の原因です。

打撲による損傷部位は、血液に搬送された酸素などによってリカバーされますが、そのプロセスでは、血液の量が増えてしまうことにより、損傷部の腫れや赤み、発熱といった炎症が出てきてしまいます。

打撲で血管や神経がダメージを受けてしまった場合、皮下組織に血腫が形成され、赤から青紫、茶色、黄色、緑色などの外見上の変化が現れます。

組織の腫れが血管や神経を圧迫すると、痛みやしびれが出てしまうでしょう。

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では自然治癒力を高めていきます

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、打撲に直接アプローチする施術というよりも、自然治癒力を高めながら施術を行っていきます。病院で診てもらってもなかなか改善しない打撲の症状は、阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院でサポートしていきます。