TEL
MENU

骨折

骨折にも種類がある?

骨折は一種類だけでなく、いくつか種類があります。
折れた場所や折れ方によっても、直接、間接的に加わった強い外力によって、本来ひと固まりの骨のつながりが、途絶えてしまう状態です。
完全につながりと断たれてしまうのが「完全骨折」です。

それに対して、部分的に接合している状態の「不全骨折」というのがあります。
骨折は、折れ方によっても様々な名称がついているのです。

骨折の原因のほとんどが外傷?

骨折の原因にもいくつかありますが、その中には外から圧力や刺激が加わり、外傷を負ってしまうことも考えられます。例えば転倒や衝突、交通事故なども、骨折の原因になってしまいます。弱い外の力によるものであれば、骨折しても一か所だけの骨折で済む場合が多いですが、もしも交通事故や高所からの転落など、弱い外力がかかってしまった場合は、複数の部位に骨折が起こってしまい、他の臓器が損傷してしまうこともあるでしょう。

骨折対策として日常からできること

お年寄りであれば、転ばないように杖をついて歩くのも予防になりますし、スポーツをする方でしたら、運動する前に十分な準備を運動をしておくことがすすめられます。

骨折しにくい体質作りを

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、今の骨折の症状を軽減させるだけでなく、骨折しにくい体質を作っていきます。
痛みが緩和してきたら良いというのではなく、今後も骨折してしまうことがないように、骨や筋肉を柔らかく保てるように努めます。