TEL
MENU

むち打ち

むち打ち症って何?

交通事故が原因となって発生する傷害のうち、約半数は「むち打ち症」だと言われています。「むちうち症」は、主に交通事故によって、頸部に損傷を受けてしまうことで発生してしまうもので、正確な医学用語ではありません。

むち打ち症は自動車の追突、衝突などの交通事故や急停車によって、首がむち打ちになってしまうものです。
原因やダメージの程度によって頚椎捻挫型、神経根症型、脊髄損傷型などに分かれていて、自覚症状も様々です。
その種類によっても、治療方法や期間も多岐に渡っています。
阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、正しく精密に検査していき、原因に基づいた適切なアプローチをしていきます。

「むち打ち症」の初期症状はすぐに出ない?

「むち打ち症」は原因と症状によっても分類されてきますが、全般的な特徴として、事故直後に痛みや不調を感じないことが多いです。
交通事故に遭ってしまうと事故当事者は興奮状態となってしまい、痛みを感じる感覚がマヒしてしまいます。

数日経過して首の調子が悪い、肩が凝るなどでむち打ち症を疑い、初めて病院に行って診断を受けても、交通事故との因果関係が疑われてしまうこともあるでしょう。
交通事故による損傷であることを示す診断書がないと、人身事故として扱われず、むち打ち症に対する損害賠償請求ができなくなってしまう可能性も高いです。

そのため交通事故に遭った場合、自覚症状が特になくても阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院で検査を受けてみることをおすすめします。

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、後遺症としてむち打ちになりにくいように、施術をしていきます。すでにむち打ち症になったとしても、症状が改善されるようにサポートしていきます。