TEL
MENU

捻挫

捻挫って?

足首などを捻挫してしまうのは、不自然な形にひねってしまうことで、関節の靭帯や軟骨、腱が傷ついてしまうからです。

関節部分の血管が傷ついてしまい、内出血を起こしてしまうこともあるでしょう。
そうなってしまうと、その部分が腫れてしまいます。体のどこの関節にも起こり得る可能性があるものです。
捻挫は指や足首に多く見られる症状で、突き指も捻挫(ねんざ)の一つとして入ります。

捻挫の症状について

挫の症状の特徴としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。
・足首周辺が内出血を起こしてしまう
・足首周辺が腫れている
・歩行する時足首が痛む

捻挫は、運動や歩いている時、強く足首をひねってしまうことにより、自然な可動域を超えて動いた結果、靭帯や筋肉が損傷してしまった状態です。
炎症している部分には、腫れや痛みが出てしまい、歩行がしにくい場合も挙げられます。

通院やセルフケアでもよくならい捻挫は阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院まで

捻挫になった時、セルフケアとしてよく実行する人が多いのは、安静にしている、テーピング、温熱療法、冷却などでしょう。
あるいは病院に通う人もいるはずです。一見捻挫の症状が回復してきそうですが、捻挫がいつまでたっても改善しないケースもあります。

テーピングやサポーターを使ったからといって、捻挫が根本的に解消されるわけではありません。まずは原因を突き止め、その原因にアプローチし、根本的に捻挫を解消していく必要があるのです。

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、捻挫を根本的に解消していくと共に、今後も捻挫しにくい体質にしていけるようサポートしていきます。
安静にしていても症状が改善しない、通院していてもよくならないといった場合には、阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院にご相談ください。