TEL
MENU

坐骨神経痛

坐骨神経痛って何?

坐骨神経とは、腰から足にかけて伸びている様々な原因によって、圧迫や刺激されることで出てしまう、痛みやしびれの症状です。
たいてい腰痛に引き続き発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが出てしまいます。麻酔や痛みによる歩行障害を伴ってしまうこともあるでしょう。

坐骨神経痛の症状とは…

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が、様々な原因によって刺激や圧迫されてしまうことで出る症状です。
痛みやしびれなどの症状が出てしまうこともあるでしょう。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれが出てしまうこともあります。
麻酔や痛みによって、歩行障害を伴うことも多いです。

阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院では、坐骨神経痛を根本から解消できるように施術していきます。
坐骨神経痛にお悩みの人は、早めに阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院までご相談ください。

坐骨神経痛が進行してしまうとどうなるか

年が若い方は、ヘルニアになってしまうことが多く、年を重ねれば重ねるほど、腰部脊柱管狭窄を原因として、発症してしまいます。

腰部脊柱管狭窄、腰椎椎間板ヘルニアとも、腰椎に発生する異常によって坐骨神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれが出てしまうでしょう。

坐骨神経痛の処置が遅れる前に阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院まで

四肢の場合には関節が曲がらない、筋肉が突っ張るなどの機能障害を起こしてしまいます。
そして外傷性骨化性筋炎を発症してしまうのです。
深刻化してしまう前に、お早めに阪南市・箱作・尾崎のえんどう整骨院までご来院ください。